いちご不動産投資顧問における投資内容

いちご不動産投資顧問は、J-REIT運用のいちごリートマネジメント株式会社と私募不動産ファンド運用会社の旧いちご不動産投資顧問株式会社が合併して誕生した不動産運用会社です。
J-REITとは投資家から集めた資金でオフィスビルや商業施設、またマンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家へ分配をする商品のを指します。仕組みとしてはアメリカにて誕生しました。当初は各、リート共、巾広い不動産に投資対象を定めていましたが、現在はヘルスケアに特化したもの、また、物流に特化したものなど、様々な形態を見ることができます。ちなみにJ-REITは日本におけるリートのことを意味します。
いちご不動産投資顧問のJ-REIT運用においては、東京証券取引所に上場をしている「いちごリート」から受諾が行われており、対象不動産は首都圏を中心とした中小型不動産となっています。流動性の高い物件を対象としているために安定性や成長性のある運用が見込まれ、それは、少子高齢化や低金利時代に対応した個人の資産形成の方法として広く浸透がなされています。また、いちご不動産投資顧問が販売をするリートは、証券会社を通じて、東京証券取引所にて売買をすることが可能で、高い流動性を持っています。
私募不動産ファンド運用に関しては、主として国内外の投資家から資金を調達し、それを日本の不動産で運用をしています。そこではニーズに合わせた商品の開発や資金管理、また、レポーティングが行われており、品質の高いサービスの提供に寄与しています。不動産再生を行っているのも特徴としてあげることができ、そこでは不動産や金融技術、また建築技術のノウハウを活かした取組みがなされています。累計資産残高も1兆円超と不動産ファンドにおける組成本数にも実績があり、定評があります。

■おすすめサイト
ランキングで投資顧問を比較