投資顧問が教える穴と千葉銀行の関係

投資顧問は、投資に関する助言や情報提供を行うことです。利用者は、投資顧問会社の会員となり、受けたいサービスを選び料金を支払いそのサービスを受けることになります。料金の仕組みは固定制のほか従量制、成功報酬制があり、多くは固定制と成功報酬制を組み合わせた形で料金を支払ます。固定制では、月々の料金を支払って契約にもとづいて助言や情報提供を受けることになります。情報は主に利益が見込めそうな穴となる銘柄が中心になります。
それらにもとづいて投資を行い、成功すれば得た利益に対して1割から2割程度の料金を支払うことになりますが、成功報酬に関しては自己申告になります。また投資顧問はあくまでも情報提供を受けるだけであり投資顧問会社は直接、投資を仲介しませんし、法律により利益を約束することはできませんし損失保証も行なわれません。多くの場合には一定の利益を得られるものの確実というわけではなく損失を被るケースもありますし、得られた利益も税金や成功報酬を支払うと得られた利益の半分程度となります。

一方で銀行や証券会社でも投資顧問を行っているケースがあり、この場合には投資も代理で行ってくれるケースがあります。特に千葉銀行にはちばぎんアセットマネジメントがあり、投資に関する情報を提供しています。ちばぎんアセットマネジメントは1986年に千葉銀行投資顧問株式会社として設立された会社であり、投資顧問としても古参に入る会社になります。業務内容は投資の助言のほか、金融機関の投資顧問の特徴である投資運用業も行っています。投資運用業は預かったお金をもとに投資を行うことになります。料金の支払いも一括して精算されるので手間がなく投資を行うことができます。