投資顧問の特別口座使用期限と物価連動型国債

投資顧問と一任契約を結ぶときには特別口座を利用するのが一般的です。特別口座を開設しておけば、納税関係がそこでk税関係が完了するという点で優れているといえるでしょう。売買益が発生した時や、あるいは配当金や利息などが発生した時点で、すぐに厳選調整してくれるサービスを利用すれば、非常に便利です。この制度を源泉徴収ありの特別口座と呼びます。源泉徴収を利用しなかった場合でも、確定申告のために必要な書類を作成してくれるサービスなどもありますから、これらを利用するのは良い方法だといえるでしょう。

特別口座は、以前は期限が定められていました。一度も取引が行われなくなって2年経つと、自動的に口座が廃止されるというものです。しかし、現在のところはこの制度はなくなりましたから、事実上は使用期限がなくなったといっても良いでしょう。投資をする人にとって非常に便利な口座です。制度としては便利ですが、その口座で何を買うのかが問題です。相場では損失を発生させるリスクが常にありますから、投資する対象の選び方を誤ると、大きな損失を発生させてしまう可能性はあるでしょう。

何に投資をするのかというのは非常に大事なことなのですが、それには答えはありません。というのも、投資をする目的をきちんと把握しておくことが必要なのです。たとえば、インフレ対策の多恵に投資をしようと考えているのであれば、物価連動型国債に注目するのは良い方法です。物価連動型国債は直接保有するのもよい方法ですが、ファンドを用いて保有することもできます。こちらのほうが利便性は高いでしょう。証券会社や銀行などの特別口座で持つこともできますから、ほかの資産と一緒に管理することができます。